記念館からのお知らせ

10月~3月休館日のお知らせ

2017年10月~2018年3月の休館日のお知らせです。 【10月】 2日(月)・10日(火)・16日(月)・23日(月)・30日(月) 【11月】 6日(月)・13日(月)・20日(月)・27日(月) 【12月】 4日(月)・11日(月)・18日(月)・25日(月) 【年末年始】12月28日(木)~1月4日(木) 【 1 月】 9日(火)・15日(月)・22日(火)・29日(月) 【 2 月】 5日(月)・13日(火)・19日(月)・26日(月) 【 3 月】 5日(月)・12日(月)・19日(月)・26日(月) ※施設紹介(あらえびすホール利用状況)のページでも休館日をご確認いただくことができます。 ※開館情報・アクセスの詳細は、お問合せのページにてご確認ください。

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

祝 第12回『岩手日報随筆賞』最優秀賞受賞

当館で開催している「あらえびす文章講座」の受講生・石川啓子さんが 『岩手日報随筆賞』最優秀賞を受賞されました。おめでとうございます! 最優秀賞 石川啓子さん「父の作品」 岩手日報 平成29年7月8日(土)掲載   ※「あらえびす文章講座」とは 当館の名誉館長である高橋克彦氏の構想により、一般の方を対象に、文章による表現力養成を目的として開催しています。平成18年から毎年開催しており、現在は、小説、エッセイ、脚本の3コース。

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

『レコード芸術』創刊号完全復刻版

あらえびすの巻頭特集が組まれた『レコード芸術』創刊号(1952年)が、 2017年5月号の創刊800号付録として完全復刻されました。 堀内敬三氏らとの座談会など、当時の雰囲気そのままにお楽しみいただけます。 現在販売中ですので、書店やインターネット等でお買い求めください。

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

4月~9月休館日のお知らせ

2017年4月~9月の休館日のお知らせです。 【4月】 3日(月)・10日(月)・17日(月)・24日(月) 【5月】 1日(月)・ 8日(月)・15日(月)・22日(月)・29日(月) 【6月】 5日(月)・12日(月)・19日(月)・26日(月) 【7月】 3日(月)・10日(月)・18日(火)・24日(月)・31日(月) 【8月】 7日(月)・14日(月)・21日(月)・28日(月) 【9月】 4日(月)・11日(月)・19日(火)・25日(月) ※開館情報・アクセスの詳細は、お問合せのページにてご確認ください。 ※施設紹介(あらえびすホール利用状況)のページでも休館日をご確認いただくことができます。

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

第2回胡堂・あらえびす大賞「読書と音楽の感想文コンクール」

第2回胡堂・あらえびす大賞「読書と音楽の感想文コンクール」が実施され、受賞者の発表と表彰式が行われました。 受賞者の皆様、誠におめでとうございます。    

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

胡堂・あらえびす大賞「第1回読書と音楽の感想文コンクール」受賞作品

本年度初めて開いた「胡堂・あらえびす大賞『第1回読書と音楽の感想文コンクール』」の受賞作品(胡堂賞、あらえびす賞)を掲載しました。どうぞご覧ください。 このコンクールは、名誉町民の野村胡堂・あらえびす(通称:野村胡堂)が小説家であるとともに、音楽評論家「あらえびす」として活躍したことにちなんで企画しました。これまで紫波町内の児童・生徒を対象に、毎年行ってきた読書感想文コンクールに加え、音楽感想文部門を新たに設けたものです。   胡堂賞・小学生低学年の部 胡堂賞・小学生中学年の部 胡堂賞・小学生高学年の部 胡堂賞・中学生の部 胡堂賞・高校生の部 あらえびす賞・小学生中学年の部

カテゴリー: イベント・講座, 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

祝 第10回『岩手日報随筆賞』最優秀賞受賞

 当館で開催している「あらえびす文章講座」の受講生(H21・24・25年度受講)高橋久美さんが、 『岩手日報随筆賞』最優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。 最優秀賞 高橋久美さん「四月にツイート」 岩手日報 平成27年7月12日掲載     「文章講座の受講が、育児から離れ、自分に向き合い文章を書き続けるきっかけになりました。」 ~高橋久美さん 談~                       【あらえびす文章講座】 表現力養成を目的に、当館の名誉館長である作家高橋克彦氏の構想により一般の方を対象に平成18年度から開催している講座。現在は、小説・エッセイ・脚本コースを開催。

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

復活そして誕生

没後50年を経て、野村胡堂・あらえびすの名作、そして初の読本となる『野村胡堂・あらえびす-「銭形平次」と「音楽評論」を生んだ岩手の文士』が発売されております。当館またはお近くの書店でお買い求めください。 野村胡堂・あらえびす 初公開となる岩手への里帰りの日記や人気作家による書下ろしエッセイ、貴重な写真を多数掲載した、全方位から野村胡堂・あらえびすを紹介する初の読本。 発売:株式会社文藝春秋 定価:1,380円+税 銭形平次捕物控傑作選(全3巻) この本を読まずに、捕物小説は語れない!全383篇のなかから選りすぐりの傑作を全3巻に。各巻末には、詳細な江戸用語解説が付されており、とても読みやすくなっております。 発売:株式会社文藝春秋 定価:各巻490円+税 音樂は愉し 流行作家として「銭形平次」シリーズをヒットさせ、批評家としてわが国新聞紙上初のSPレコード評も執筆。SPレコード蒐集に精魂を傾けた野村あらえびすによる名随筆が復刻。 発売:音楽之友社  定価:2,000円+税

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

あらえびすホール使用料改訂のお知らせ

平成26年4月1日からの消費税率(地方消費税率を含む。)の引上げに伴い、当館ホール(あらえびすホール)の使用料を 次のとおり改訂いたします。ご不明な点は、当館へお問合せください。(電話019-676-6896)

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

『音樂は愉し』 黎明期音盤収集家随想 出版のお知らせ

この世にうまれて、芸術を味わう喜びは、何に譬(たと)うべきであろう。 文芸、美術、音楽、演劇それぞれの分野から、 掬(く)みとれるだけの高いもの、美しいものを掬みとって、 自分の生命を豊かにする望みがなかったならば、 何とこの世の味きなく淋しいことであろう   --本書「レコードの聴き方」より-- 昭和21年に出版された野村あらえびす著『音樂は愉し』が、復刻版として音楽之友社から出版されました。(☆当館でも資料協力いたしました。) お近くの書店または音楽之友社からお求めください。 (音楽の友社web)

カテゴリー: 記念館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。